バッテリー再生工場

 


 

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  補償内容

補償内容

1.補償対象

 補償期間内に適正使用において材料上の欠陥あるいは性能の低下により不具合が生じたもの。


2.補償期間

 お買い上げ日より起算して満2年間です。
 エコノミーは満1年間です。


3. 適用除外事項

 補償期間内にあっても下記の場合、補償は適用されません。

 ①購入記録(補償書)、不具合現品の提示がない場合、または必要事項が未記入の場合。

 ②天災、地変、火災、海難、動乱、事故などにより生じた不具合の場合。

 ③継続的な放電のみにより生じた不具合の場合。
  (例)室内灯・ライト・電装品の消し忘れ等。
    長期間未使用であった場合。または使用頻度が極端に少ない場合。

 ④自動車のエンジン始動以外の用途に使用したり、適合外の車両に使用した場合。

 ⑤特殊自動車での使用の場合。(フォークリフト、トラクター、カートなど。)

 ⑥アイドリングストップ機能搭載車両(アイドリングストップ用バッテリーは除く)またはハイブリッド車両に使用した場合。

 ⑦バッテリーの2個付けによる使用の場合。

 ⑧使用上の酷使、手入れ不十分、過失または事故によって生じた不具合と認められる場合。
 (例)・液面レベルを適正に管理しなかった場合。
    ・電装品などの故障、欠陥 欠損により生じた不具合。
    ・バッテリー本体に改造を加えたり、過大な負荷を増設している場合。
    ・過充電したり、放電状態のまま放置された場合。
    ・バッテリー本体(電槽、ふた、端子等)が変形、破損している場合。
    ・逆接続で充電された場合。
 
 ⑨車両自体の原因による場合。
 (例)レギュレーターの設定電圧が基準を超え、過充電または充電不足となった場合。

 ⑩不具合の症状は発生していないいにもかかわらず整備点検において交換を要された場合。

 ⑪不具合の生じたバッテリーの交換作業以外の費用。(交通費、救援費、レッカー費、修理費等)
 
⑫取扱説明書記載の指示どおりに取扱わなかった場合。


以上